*
  • *
  • *
  • *
  • *
  • *
  • *
質の高い歯科医療を
安全・快適に
歯科受診に際して、より質の高い医療を安全に受診したい。
そう望まれるのは患者さんにとって当然の権利です。
岐阜羽島の歯医者 吉田歯科医院では、
そのための設備投資、環境づくりに惜しみなく尽力しています。

院内感染を徹底予防する
衛生設備

クラスB滅菌器

*

虫歯や歯周病は細菌によって引き起こされる病気です。そして歯科診療は唾液や血液などを介し、肺炎やあらゆるウイルスや細菌などの病原体と常に接しています。だからこそ歯科医院が院内感染予防に尽力すべきなのは当たり前のこと。
しかし歯科用器具は複雑な形状のものが多く、内部にまでウイルスや細菌が付着することもあります。これらは洗浄・消毒だけでは除去できません。そこで欠かせないのが、高温・高圧で器具の内部まで徹底的に滅菌させる高圧蒸気滅菌器なのです。

  • 消毒…
    細菌の感染力を弱らせ、問題のない程度にすること。
  • 殺菌…
    付着している細菌を、全てではないが殺すこと。
  • 滅菌…
    あらゆるウイルスや細菌を完全に死滅させること。
当院導入
クラスB
とは?
クラスB滅菌器

高圧蒸気滅菌器(オートクレーブ)には、ヨーロッパで定められた3つの基準があります。その中でもクラスBは、医科と同水準の、世界で最も高い基準とされており、複雑な形状や滅菌パックによって包装された状態のものなど、様々な種類の器材・器具において高度な滅菌が可能です。

  • ハンドピース滅菌器

    *

    歯を削ったり磨いたりする際に使用するハンドピース専用の滅菌器です。
    専用機器だからこその構造・機能で、形状や大きさに関係なく、スピーディかつハイレベルな滅菌効果を発揮します。

  • 高性能洗浄機

    *

    歯科特有の複雑な構造の器具に対し、付着した血液や唾液さらにはタンパク質といった、従来の洗浄器や手洗いでは困難な汚れまで徹底的に洗浄することが可能です。より効果的な滅菌に貢献します。

  • 口腔外バキューム

    *

    診療時は目に見えないほどの細かな水や有害な粉塵が空中を舞います。それを素早く強力に吸引することで、患者さんが吸い込んでしまうことを防ぎ、診療空間を常にクリーンに維持しています。

その他の取り組み

  • CLEANCYCLE
    使用まで
    滅菌状態のまま保管
    器具はお一人毎に洗浄・消毒・滅菌し、滅菌パックで密封後、殺菌灯保管庫にて清潔に保管しています。
  • *
    使い捨て器具の
    活用
    滅菌できないコップ・エプロン・グローブ(手袋)、注射針などは、患者さんごとに使い捨てています。
  • *
    スタッフ全員での
    衛生管理
    個々の手洗いやうがい、消毒はもちろん、スタッフ全員で高い意識を持ち、細かな配慮で院内感染を予防。

的確な診断と
長期管理のために

歯科用立体CT

*

従来のレントゲンは一方向からの平面画像のみでしたが、多角的かつ豊富な情報を得てより正確な診断を行うために、高精細で3次元(立体)撮影が可能な歯科用CTを導入しています。
歯だけでなく、歯を支える顎の骨の量や形状、状態などをより精密に把握でき、一般的な歯科治療はもちろんインプラントや矯正治療、親知らずの抜歯など高度治療の診断・シュミレーションにも役立ちます。

*
  • 唾液検査キット

    *

    測定時間わずか5分、10秒間洗口するだけで、虫歯菌の量、むし歯に対する抵抗力、歯茎の健康や口内の清掃状態を調べられます。検査結果はわかりやすくグラフ化され、その場ですぐに確認もできます。

  • 口腔内カメラ

    *

    治療前の検査、治療中、治療後のメインテナンス・定期検診時も写真を撮ることで、経過や結果を記録すると共に、患者さんご自身にお口の状況や治療・予防効果を理解していただけます。

検査結果・治療内容も
一目瞭然

カウンセリングソフト

*

患者さん自身のお口のこと、より深く知っていただきお口の健康に関心を持っていただけるよう、専用のカウンセリングソフトを用いて「見える化」しています。
検査結果、それを基にした治療計画や流れ、治療・メインテナンスの効果等…写真やイラスト、グラフなどによって理解・納得していただけるまでわかりやすく丁寧にご説明いたします。
一方通行ではなく対話を重視していますので、疑問や不安があれば何でも気軽にご質問・ご相談くださいね。

*
説明資料
もお渡し
します!
*

説明に使用した各種資料は、プリントしてお持ち帰りいただけます。
ご自身の治療前後の状態を比較しやすく、過去の資料を見返してどのようにお口の状態が改善されたかなど、より理解を深められ、実感できます。

痛みと不安を軽減する
取り組み

リラックスできる環境づくり

*

過度な緊張は痛みに敏感になり、治療や麻酔注射をより痛く感じてしまう一因になります。
これまでの経験で痛い・怖い思いをして歯医者嫌いになってしまった患者さん、来院された全ての方の不安や痛みを少しでも軽減できるよう、ひかり、音、香りにも配慮した空間づくり、やさしい対応を心がけています。

  • 電動麻酔注射器

    *

    麻酔時の痛みを和らげるには、ムラ無くゆっくり一定のスピード・圧力での麻酔液注入が要になります。人の手では困難ですが、電動の注射器を使用すれば安定して緻密なコントロールが行えます。

  • カートリッジウォーマー

    *

    麻酔液の温度を体温ほどに温めることで、体内注入時の温度差による抵抗=痛みを少なくすることができます。

  • 表面麻酔剤

    *

    麻酔を行う歯茎の表面に塗る麻酔剤で、注射針が歯茎に刺さる時の「チクッ」とする痛みを軽減させることができます。

質の高い精密な診療を
可能にする

マイクロスコープ

*

肉眼の約25倍の大きさで、虫歯ができやすい歯と歯の隣接面、被せ物・詰め物や歯茎と歯の隙間、小さな歯のさらに中まで鮮明に捉えることができます。それにより、肉眼では見落とすような小さな虫歯や歯周病などの病変の早期発見、審美性に優れ隙間なくピッタリな被せ物・詰め物の精密治療、肉眼では勘に頼るところが大きい歯の根(根管)=神経の治療精度の向上に貢献します。
フルハイビジョンでの記録も可能なため、マイクロスコープでのお口の映像・写真を患者さんご自身に見ていただくことも可能です。今まで見たことのない

根管治療
において
*

歯の神経が巡る根管は暗く狭く、とても複雑な形状をしています。肉眼で細部まで捉えるのは不可能なため、勘に頼らざるをえない場面も…マイクロスコープなら、視野拡大に加え専用の照明により、汚染部位の除去や歯の削り過ぎ防止など、「見える」からこそできるより的確な治療を可能に。

  • 拡大鏡

    *

    普段の診療では基本的に機動性の高い拡大鏡を使用しています。マイクロスコープと同様、視野を拡大することで肉眼では困難なごく小さな歯の凹凸やヒビなどを確認できます。

  • サージカルガイド

    *

    CT撮影データなどを基にシュミレーションしたインプラントの埋入位置を、マウスピースのような形状にガイド化。ガイドを利用することで、ズレなく的確に、安全な埋入手術を可能にします。

歯面清掃器具エアフロー

*

汚れと細菌が歯面で膜状にかたまる「バイオフィルム」は、歯周病や虫歯の原因となり、通常の歯みがきでは除去できません。そんなバイオフィルムを、目に見える部分はもちろん、歯茎(歯周ポケット)の中・歯の根に至るまで徹底除去できる歯面清掃用器具です。
歯面を傷つけにくいパウダー状の研磨材を水と合わせてジェット噴射することで、隅々までやさしく洗浄します。

*

快適に、安心して
受診できるように

  • AED

    *

    AED(自動体外式除細動器)を常備しており、万が一の緊急事態にも速やかに行動できるよう、スタッフ一同で繰り返しシミュレーションしています。

  • 診療チェア

    *

    お子さんやお年寄りも座りやすく、診療が長時間にわたってしまっても負担が少ない、快適な診療チェアをご用意しました。

その他にも、
快適・安全に
質の高い歯科医療を
受けていただくための設備を
導入しています

ページの先頭へ戻る