*
オーダーメイドの
精密入れ歯で
快適ライフ
入れ歯が合わなくて硬いものが噛めない…入れ歯が落ちそうで笑いにくい…
そんな不快な入れ歯を我慢して使い、日々ストレスをためてしまってはいませんか?
不快な症状でお困りの方の生活が改善されるよう、吉田歯科医院では
患者さん一人ひとりに合った、精密なオーダーメイド入れ歯をご提供しています。

ご要望に沿った
最適な入れ歯をご提案

*

まずは現状とご要望を伺います
入れ歯は、部分的に歯を失った場合の部分入れ歯と、全ての歯を失ってしまった場合の総入れ歯があり、それぞれに保険診療のものと自由診療(自費診療)のものがあります。
はじめにお口の状態を確認し、「現在使用している入れ歯に不満がある」「入れ歯を初めて作るので不安…」などのお話を伺い、一人ひとりに最適な入れ歯をご提案してまいります。
入れ歯のプランをご提案する際には、それぞれの素材に対するメリットやデメリットなどをわかりやすくご説明しますので、ご不明な点があればお気軽にお聞きください。

入れ歯(義歯)の種類

部分入れ歯
部分的に歯を失ってしまった場合の入れ歯です。
歯の代わりをする人工歯、歯茎を補う床(しょう)、それらを残った歯に固定する留め具(クラスプ)から構成されています。
総入れ歯
全ての歯や大部分の歯を失ってしまった場合の入れ歯です。歯の代わりとなる人工歯、歯茎の代わりとなる床(しょう)から構成され、粘膜の吸着力を利用して口腔内に維持させます。
  • 保険診療の入れ歯
    *

    保険診療では、部分入れ歯で必要なクラスプ(留め具)の材質も金属しか選択できませんので、場所によっては一目で入れ歯だと分かります。
    また、人工歯と床(しょう=歯ぐきとなる部分)の素材が樹脂(プラスチック、レジン)のみに限られており、総入れ歯の床部分のプラスチックは耐久性の問題から一定の厚みが必要になるため、その厚さが原因で装着時に違和感を感じたり、食べ物の温度が遮断されやすく、味や温度を楽しむことができないというデメリットがあります。

    メリット
  • 保険診療なので費用の負担が抑えられる。
  • 破損した場合も修理がすぐにできて安心。
  • デメリット
  • 長年使用することで変色やすり減りが起きてしまう。
  • 厚みが装着時の違和感の原因となってしまう。
  • 食べ物の味や温度が伝わりにくい。
  • 比較的、臭いや汚れを吸着しやすい。
  • 自由診療(自費診療)の入れ歯
    *

    臭いがつきにくい素材、クラスプ(金属の留め具)が必要ない素材、丈夫で生体親和性の良い金属素材など、素材を自由にお選びいただけるので保険診療の入れ歯では避けられないデメリットを解消し、使い勝手の良さや審美性を追求することができます。
    また、床やクラスプだけでなく人工歯部分の素材の選択も可能なので、天然歯のような透明感など自然な見た目を再現することができます。
    自由診療でしかできない見た目や機能性で、より理想に近いオーダーメイドの精密な入れ歯をご提供します。

    メリット
  • クラスプ(留め具)が無い入れ歯が選択できるため、見た目の問題や金属アレルギーの心配が無くなる。
  • やわらかい材質や薄い金属の素材の選択が可能なため、装着時の違和感がほとんどない。
  • 見た目や機能性の追求ができ、より本来の歯に近付けられる。
  • デメリット
  • 自由診療のため、比較的費用負担が大きい。
当院おすすめの入れ歯

*

ノンクラスプデンチャー
従来の入れ歯に付いているクラスプ(金属でできた留め具)のない部分入れ歯です。歯を固定する装置と床部分が歯肉に近い色の、柔らかい素材でできているため残っている健康な歯を傷つける心配がありません。歯肉に馴染む色と素材のため、入れ歯を装着していることが周囲から気付かれないような自然な見た目になります。

*

金属床義歯
歯肉に触れる部分が金属素材で作られている入れ歯です。
保険診療の樹脂の入れ歯の3分の1程度まで薄くすることが可能なので、装着時に違和感を感じることもほとんどなく、金属なので耐久性にも優れています。
また、熱が伝わりやすいので食べ物の温度を感じやすく、より美味しく楽しく食事ができます。

入れ歯のメインテナンス

*

定期的なメインテナンスで入れ歯は長持ちします
せっかく作ったオーダーメイドの入れ歯も、洗浄を怠ったり歯科医院でのクリーニングを受けないと、汚れが溜まってしまい、それが口臭の原因となったり、土台の歯が歯周病になって抜け、最悪の場合、入れ歯を作り直すことになる恐れもあります。
大切な入れ歯をできるだけ長く使用するためにも、毎日のお手入れで入れ歯自体を清潔にしていただくのはもちろん、お口自体の健康維持も必要です。毎日の歯みがきに加え、定期的に歯科医院でのお口のクリーニングや検診を受けることをおすすめしています。

Medical

ページの先頭へ戻る